刺激が無いとバイアグラを服用しても効果なし

疑問を持っている男性

バイアグラはED治療薬であるという事はご存知の方も多いですが、中にはその効果を誤解しているという人もいます。
どのように誤解しているのかというと、服用すれば勝手に勃起をしてくれると勘違いをしているのです。
残念ながらバイアグラにはそのような効果は無いので、服用しただけで勃起しっぱなしになるという事も無いです。
それではどうしてバイアグラはED治療薬として効果があるのかというと、PDE5という酵素の働きを阻害する事によって勃起を手助けしてくれるのです。
バイアグラの勃起を手助けしてくれるというのは勝手に勃起を促す効果があるという訳では無いのですが、その事を理解するためには勃起がどのようにして起きるのかを簡単で良いので理解しておく必要があります。
勃起というのはかなり複雑なメカニズムとなっていて、性的な刺激を受ける事で神経伝達が行われ、それによって血管を拡張させるcGMPと呼ばれる物質が生成されます。
cGMPが生成される事で海綿体内に血液が大量に流れ込んで勃起するのですが、その物質の働きを阻害するのがPDE5となります。
cGMPよりも PDE5の方が優位になると拡張された血管が元に戻って勃起も収まるのです。
そのPDE5の働きを阻害するという事は、一度勃起するためのcGMPが生成されると勃起状態を維持し続けやすくなるという事になるのです。
性的な刺激を呼び起こさなければcGMPは生成されず、cGMPが生成されなければPDE5の働きを抑制する効果があっても意味が無いのです。
だからバイアグラを早目に服用したからといって勝手に勃起し続けるという訳で無く、食事をするタイミングを考えると早目に服用したいといった場合でも、服用する事によって勃起するのではないかとそれほど心配をする必要はないです。