バイアグラとリビトラ?それぞれの薬価を比較してみる

有名な勃起不全治療薬として、バイアグラとリビトラがあります。
実はリビトラというのは正確な名称ではなく、レビトラが本来の名称です。
しかし、ネットでリビトラと検索しても、レビトラの検索結果ページが表示されますので、あまり大した問題ではありません。
今から正式名称のレビトラを覚えればよいだけです。
この2つは勃起不全治療を取り扱う、病院やクリニックで処方してもらえます。
保険対象外とあり、それぞれの薬価を100%患者側が負担しなければなりません。
まずバイアグラですが、1錠25mgで1300円、1錠50mgなら1500円します。
レビトラはやや薬価が高く、1錠10mgで1500円、1錠20mgで1800円します。
レビトラのほうが成分量が少なめではあるものの、そもそもバイアグラとは違った成分が使われているため、この量でも十分な効き目を持っています。
1日1錠服用するのが基本です。
病院やクリニックで手渡された錠剤を1回に1錠服用するようにしましょう。
しかし、この錠剤は割って成分量を調整することもできます。
1錠では効き目が強すぎると感じたなら、錠剤をカッターなどで割って、服用しても構いません。
1回の服用における成分量の上限を超えなければ、まず安心して使うことができます。
量の調整に不安があるなら、事前に医師に質問しておくとよいでしょう。
ちなみに現在では、バイアグラに限り、ジェネリック医薬品の取り扱いも許可されるようになっています。
国内の製薬会社が取り扱うジェネリック医薬品で、薬価の安さが魅力です。
2つの製薬会社から提供されていますが、共に1錠50mg1000円で販売されています。
薬代を節約したいなら、これらジェネリック医薬品を取り扱う病院やクリニックを利用しましょう。